難しい問題

障害のある人が強制的に不妊手術を受けていた。
その被害者たちが訴訟を起こしていますね。
確かに声明を授かる権利は誰にでもあります。
でも生まれた子供を育てる能力がない人がいたらどうなるんでしょうか。
子供はひとりでは育てられません。
本人たちではなく家族が面倒を見るのでしょうか。
生命は尊いというのはわかります。
しかしその子たちの将来に不安がある場合はどうするんでしょうか。
国が強制的にというのは聞き捨てならないけれどもし家族に該当者がいたら反対はできないような気がします。
また、女性の場合は性的被害を受けて授かってしまう場合もあります。
高齢化社会だというだけではなく、自立できない人たちの施設だって限りがありますし難しい問題です。