タイムリミットは48時間

インフルエンザはかかってから48時間以内に薬を飲まないと効かないのは有名ですね。
インフルエンザ検査機は潜伏期間が一日で確定。
ウィルスが増えていって具合が悪くなってから医者に行き、検査キットに鼻の粘液を試験えきにつけて感染をチェックします。
今までは感染初期の段階では正確な判断が困難でした。
自覚症状が出る前に発見できることもある、好感度ウィルスセンサーがあります。
光センサーでLEDの光をあててみて、光の変化はグラフ化されて発見できる。
入れたら瞬時にグラフ化されます。
現在は試作段階ですが、これを医療の現場にあれば
一日反たたないとわからないので、一日半からわずか12時間の間に検査しないといけないが、この検査機なら早い段階で治療開始ができる。