短気は損気

自分自身は短気でしょうか?その逆でしょうか?
私のまわりのひとに聞いてみないと実際の私はどんなだかわかりません。
私が認識している自分と、第三者が思う“自分”は案外違うことが多そうですから。
短気……ではない、と思いたいですけど、時と場合によっては短気のところがあるような…。
人間、どちらかひとつなんて極端なことはないってことですかね。
短気なところも自分の一部として持っているというのが私自身の認識です。
ことわざに『短気は損気』ってあるじゃないですか。
意味としては気が短くて怒りっぽい傾向にあると、自分の損になることが多いということです。
頭にカーっと血が登って、考えられないミスを誘発することってありそうですもんね。
癒しを求めて熱帯魚でも見ながら確実な仕事を目指していきたいと思います。